2007年01月

2週連続!

2月16日発売のオリスタは、book in bookで黄色い涙特集だって~ヾ(〃^∇^)ノ♪ 
オリスタブログさんを見にいってみたら書いてあった。さっきは興奮して勘違いで表紙なんて書いちゃってたけど、コメント欄でおしえてもらったから訂正しときます。 

それだけに留まらず、2月23日発売号では取材の様子を
表紙&巻頭でお届けだってo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o 

オリスタさん、ありがとう
 

新曲の発売がある2月はまたまた露出が増えそうだね。早く歌番組でLOVE SO SWEETを聴きたいな♪ かわいいって噂の振り付けも見てみたいし。

オリスタブログさんに取材の裏話はのちほど...って書いてあったから、それも楽しみ。後でまたチェックしなくちゃ。  
スポンサーサイト

ニノ@LA TIMES

LAタイムズのHPへいってニノの記事を読んできました。
いや~アメリカの新聞に取り上げられるなんてホント凄いな、ニノは。
以下私なりに(←ここ重要ね)訳してみました。
もう一度言うけど、あくまでも私なりってことで...なんとなく雰囲気だけでも伝わればいいかと思って。訳した部分を太字にしときました。

記事のはじめにはニノが硫黄島からの手紙で西郷を演じたことが書いてあって、西郷がどういう役だったかの説明が書かれている。
次に、二宮は(映画を見た)アメリカの観客にとっては無名の俳優だが、日本では大スター(mega-starだって!)だと書いてある。

そしてその次にはニノの簡単な経歴が書かれている。
現在23歳の彼は14歳の時から今のビジネスに携わっていて、映画・テレビドラマ・舞台もこなす。そして日本で最も有名な男性アイドルグループ嵐のメンバーで、歌やダンスもこなす。
それにとどまらずコマーシャルやラジオにも出演、人気の雑誌にも常に登場している。さらにはアニメ、鉄コン筋クリートで声優もこなしている。 
 だって。
記事の中にARASHIの字を見た時はなんか嬉しかった♪ 

そして次には硫黄島からの手紙の東京でのプレミアの時に(舞台でなのか裏でなのかはハッキリしないけど...)ニノが言った言葉が書かれている。
ニノ:『 有名になりたいというのとは別で、僕は常に何かを作りたいと思っていた(クリエイトしたかった) そしてその作る(創造する)喜びをみんなと分かち合いたいと思っている。』注)なんか日本語に訳すとよく意味がわからないような...でも訳すとだいたいこんなカンジなんだけどなぁ

初めての試写を終えた時には観客の何人かの女性が泣いていたけど、それは西郷のストーリーを見て泣いたのか、それとも映画終了後に共演者と共に二宮が舞台に現れた喜びからなのかはハッキリ分からない。
なんてことも書いてありました(笑)

この後はジャニースとしてのニノのことが書かれている。
二宮は1963年カリフォルニア生まれのジャニー喜多川氏によって設立されたジャニーズ事務所に所属しています。ジャニーズは日本のエンターテイメント業界において驚異的な力を持っています。(←驚異的ってコワ...
この後に1968年のフォーリーブスから始まって...とかジャニーズの話が少し書いてあるんだけど、そこはちょっと省きます。

ここでまたニノの話に戻って...
多くの人たちが二宮は型にはまったアイドルとは違っていると言います。彼は歌う前から(多分デビューの意)演じていた。14歳の時に舞台『スタンドバイミー』 で(映画では)リバー・フェニックスが演じた役を演じた。

『二宮は早くから目立っていました。』と、副社長であるジュリー藤島は言う。 『彼はタレントになるために我々のところへやって来たけれど、彼に演技の才能があるのは明らかだった。』(←これもジュリーさん談) ジュリー藤島は二宮が飛躍的前進を果たしたのは1998年の元旦に放送されたテレビドラマ “天城越え” だったと言う。 『彼の演技は特別だった。素晴らしかった。彼の演技は皆の注目を引きました。』(←これもジュリーさん談。いや~絶賛ですな

その後もさらにテレビドラマを経て、1999年に二宮はジャニー氏に選ばれた5人で結成されたグループ嵐の一員になった。レコード発売に先立ってハワイ沖の船上で歌と踊りのデビューを果たした。 

『歌を唄うのは常に好きだった。』二宮は言う。『家族と車に乗っている時はいつも音楽をかけています。アメリカのバンドが好きでしたね。ボンジョビが東京ドームに来たときはコンサートに行きました。あとバックストリートボーイズも。日本のミュージシャンのコンサートに行くと、彼らから何か学ぼうと思って見てしまうけど、アメリカのミュージシャンはただ単に楽しませてくれる。』

予想通りに嵐の人気は出た。J-POP界では音楽よりも容姿が重要視される。(←そうかなぁ?)
そして注目(?)すべきなのがこの後の文章!注目っていうかなんか笑っちゃうの。
グループの一番人気は割れた腹筋を持つ松本潤だった。モンキーズでいうところのDavy Jones(モンキーズのメンバーの1人)に似ている(←容姿じゃなくて立場的なことだと思う) ってなんか変じゃない?割れた腹筋って...しかも何でモンキーズに例えるかなぁ( ̄ー ̄?) 

嵐のメンバーは皆違ったパーソナリティーを持っている。グループで二宮は “俳優” としてよく知られている。彼は2002年に『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY』 で映画初出演をしている。その後も舞台を続け、2005年には『理由なき反抗』でジェームス・ディーンが演じたジム・スターク役も演じている。
そして今月には、彼が見習いの板前を演じるテレビシリーズ 『拝啓、父上様』 が始まった。
料理は出来るのか?と聞くと、撮影の合間(休憩?)にセットの調理場から現れた彼は『いいえ。』 と笑いながら答えた。(←十分出来るじゃんねぇ)
皿洗いをした彼の手は濡れていた。ニノ:『仕事(撮影)は楽しいですよ。』

『彼の演技には個性がある。』 とディレクター(拝啓の)宮本理江子は言います。 『彼は口と目で演技ができる。』(←これも宮本さん談) つまりイーストウッドが硫黄島からの手紙のキャスティングオーディションを日本の俳優たちに要請した時に、二宮は明らかにその候補に入っていた。スタジオは(映画会社?)二宮の才能に加えて彼のJ-POP界での人気によってボックスオフィスに若い世代の観客も増やせると思った。しかし調べによると日本でのこの映画の観客層は30代後半~50代前半が多かった。

オーディションのテープは太平洋を越えて、長年のイーストウッドの協力者であったキャスティングディレクターのフィリス・ハフマンに送られた。二宮はもともと別の兵士、清水役の候補に挙がっていた。イーストウッドは西郷役について決め兼ねていた。そしてディレクターが二宮に西郷のセリフでもう一度台本を読むようにと言った。(←きっとそれが清水じゃなくて西郷さんを演じることになったきっかけなんだろうね) 

ほとんどの若い日本人たちのように、二宮も1945年の硫黄島での戦いにつては大まかにしか知らなかった。でも他のほとんどの同世代とは違って、二宮は硫黄島がどこにあるのか(位置してるのか)ぐらいは知っていた。なぜなら彼の家のトイレの壁には日本地図が貼ってあって、『僕が座ると硫黄島はちょうど僕のすぐ目の前にあるから。』 だそうです(*^m^)o==3

日本の兵士たちが戦いに行った時のように彼は役に入っていった。どんな運命が待っているのかわからないまま,感情を抑えて...
日本のディレクターは音楽や涙を出して
(いつもより)、感情を誇張するのが好きだと二宮は言う。 
『感情を出して、さらに出して映画を作る人もいるけど、それは現実的だとは思いません。』 と二宮は言う。 『だから硫黄島の手紙のような映画を作る時は、事実に基づいているから、あまり面白くないって思う人たちもいるかもしれない。僕が演じたシーンによっては、もっと泣くべきじゃないかって言われるかもしれない。』
 

映画が完了した後に二宮は涙をながした。
理由は以下...
彼の祖父は日本帝国のために戦争をするために戦地に送られた兵士だった。二宮の祖父は孫に(ニノにってことだよね)その戦争について語った。(お爺様は)朝鮮半島に配置され、そこで旧ソ連軍隊によって捕虜になり、シベリアに閉じ込められた(経験がある)。
そして、絶望的な状況で苦しんでいる兵士を演じた孫は(西郷を演じたニノのこと)ある夜テレビでもうひとつの戦争ドラマを見ていた。
『(テレビを見ていて)泣くのを止めることができなかった。』 と二宮は言った。 『それが僕のお爺ちゃんの話(似たような?)
だったから泣いてしまった。』


っていう感じです。あ~~~長かった 
なんか記事の締め方とか表現の仕方などなど、欧米か?!(確かにそうなんだけどね)って思わずツッコミたくなるような所がいくつかあったよ(笑)訳が分かりにくかったり、もしかしたら間違ってる所もあるかもしれないけど、大目に見てください 

LAタイムズに採りあげられて、しかもけっこう細かいところまでこんなに記事になってるなんてニノ凄すぎ!
謙さんがラストサムライに出て以来ハリウッドからのオファーが増えたように、ニノにもそのうちまたハリウッドからのオファーとかきちゃうのかな? なんだか思いは色々だね...

新ドラマ決定!

コメント欄でもおしえてもらいましたが、潤くん新ドラマ決定ですね
4月から毎週水曜10時放送になるバンビ~ノ! 
4月だからまだ少し先の話だけど、花男2が終わった後も潤くんのドラマが見れるのは嬉しい♪ 

新しいドラマの原作もマンガだけど、この話を聞くまでバンビ~ノのことは全然知らなかった。
大まかな内容は、一流シェフを目指して福岡から上京してきた省吾(もちろん演じるのは潤くん)が人気レストランで働きながら成長していく姿を描く...ってなカンジらしい。もちろんそこには恋や友情も絡んでくるんだって。恋のお相手になるのは誰なんだろう??気になる~ o(≧~≦)o 
もちろんそれ以外の配役もね。

さっき日テレのバンビ~ノHPを見てきた。
原作コミックをちょっとだけ試し読みできたから読んできたよ。
主人公は福岡出身だから博多弁なのね。マンガの中で 『よかですけど』 とか 『俺は一人前の料理人ばい!』 とか言ってたけど、潤くんがどんな風に博多弁を喋るのか楽しみ♪
それからイタリア語も出てくるね。潤くんのあの濃いいでたちにイタリア語って似合うわ~ 

潤くんは料理にイタリア語に博多弁とたくさんのことを練習しなくちゃいけなくて大変だね。でも彼のことだから見えないところで一生懸命努力して勉強して、いざ本番となったら与えられた役を完璧に自分のものにできるんだろうなぁ。4月はドームコンもあるし、潤くんにとっては大忙しになるだろうけど、体にだけは気をつけて頑張ってもらいたいです。

それから原作を見てもうひとつ気になったのが主人公の髪型!
けっこうな短髪だよね。スピードワゴンの井戸田の髪型に似てるって思ったのは私だけ?花男2の撮影が終わったら新ドラマのために短髪にするのかな?今の潤くんの髪型すごい好きなんだけどなぁ...
多分今より短くはするだろうけど、問題はどの程度短くするかだよね。
その辺りもすごく気になる。



花男2~第4話~

今またリピが終わったばかりで、まだ胸がドキドキしてます
第4話終わっての私の第1の感想は...どうしよう、私やっぱり潤くんのことがこんなに大好きだ...でした(*ノェノ)  最後のアパートでのシーンがとにかくたまらなくって。

とりあえずツボや思ったことを以下書きます。

★ 病院で “ババア” からの着信に対して電源切ったのはグッジョブ 

★ ドアの隙間から病室覗いて、類の姿に後ずさりしちゃってそのまま帰ったところは切なすぎ。せっかくあんなに走ってきたのにぃ~(T_T)

★ それにしても最近はああいう先のとんがった靴が流行りなの?
ブカブカじゃないのかなっていつも気になる(笑)

★ うわぁーっ!!って叫ぶ司。その前の苦しそうな表情も

★ 病室でずーっと手を握ってた類にズッキューン やられたヾ(≧∇≦*)〃 
そのちょっと後のシーンでの 『好きだからかも...』 からキスまでの流れにまたまたズキューン 

★ 滋にくすぐられてもだえる潤くん***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪ 何なんだあれはー!!あの、んっ...って漏れる声! 見ていてかなり照れました (/ω\) 
私も潤くんにコチョコチョした~い 

★ かなり元気でかわいいカンジでF4ラウンジに来たかと思ったら
あの “カレーに見せかけたう●こ” 発言ヾ(>▽<)o! あれには大爆笑の嵐だったんだけど。今こうやって書いてても思い出して笑っちゃう!

★ F4ラウンジでの司のテンションおかしすぎだから! 道明寺語録の連発だったね。最近けっこう高度な(?)語録が飛び出してきて一瞬で理解できない時があるのは私だけ?

★ 道明寺のケイタイ、滋ちゃんの登録名はサル女とかじゃなくてちゃんと “しげる” なのね。

★ つくしが退院後に病院の外で類におでこにキスされて “はっ!”って言うのがかわいい♪

★ 滋にホテルの部屋をとってあるって言われた後しばらくして我に返ったときの道明寺の “えっ?!” がかわいかった 

★ アパートでのシーンは全部好き!進くんに 『俺は道明寺さんだ!』 発言、めっちゃかわいい “さん”ってー 

★ イチジクの話辺りからは胸をキュンってさせながら見てたよ。
そして何と言っても 『俺にとっての恋の味は、おまえが作ったへたくそなクッキーの味なんだよ』 ←ここで私は よく言ったぞ司 
よく言ったぞって言えば 『行くな』 って手をつかんだところもね。

だいたいこんな感じでしょうか...

今回はおもしろ道明寺が満載で楽しかったわぁ♪ 潤くん本当にかわいかった 
先週の司はつくしに想いを伝えたかったのに出来ずじまいだったけど、今週はクッキー発言とか、伝えられてホントよかった 

予告の感じからすると来週からは道明寺VS類っていう流れになっていくのかな?それと今週からNYで何があったのかが徐々に明かされてきたね。司の軽はずみな発言って何なんだろう?その辺りも気になる。

なんだか今週はこれまでほどのヤキモキ感がなくてよかったわ~。見るのに先週ほど体力使わなくて済んだしね 

この差は何!?

黄色い涙の映像@めざましを見ました。
いや~、早く見たい!! だってあんな数分の映像だけでもツボ満載なんだから、映画本編なんて見たら一体どうなっちゃうことやら。すっごく楽しみ♪ ああいう懐かしいような、古きよき時代の日本みたいな設定もけっこう好きなんだ私。

ここにいる私には物理的に不可能なのはわかってるけど、映画館の大画面&大音響で見たかったなぁ... ま、DVDが出るまで気長~~に待つか。
これはもうナビDVD(より道のススメ)買うしかないね(≧ω≦)b 予約しなくちゃ。CDのほうはまだ微妙に迷い中なんだけど、結局は買ってしまう自分がいそうです(笑)

そしてそして月刊 『嵐』 の翔にゃん&マサキィ のヤマンバメーク 
黄色い涙の時とは天と地との差。

何なんだあれはー! (*≧m≦)=3  

見事にセンターGuyに変身してたね(笑)
2人一緒の写真、相葉ちゃんはまだ誰だかわかるけど、翔くん変わりすぎー  
翔 “にゃん”って......かわいすぎ***ヾ(≧∇≦)ノ"***

5人揃ってのヤマンバメークっていうのも見てみたいな

翔くんおめでと♪

翔くん25歳のお誕生日おめでとう  

根が真面目な翔くんは、いつも嵐のことを暖かい目で見守りつつも、締めるところはしっかり締めてくれる人だと思います。 まさに嵐のお母さんだね(笑) そう言われるのが納得できるよ  

ZEROのキャスターになったばかりの頃は見ていてすごく少し心配で、こっちがドキドキしてたけど、最近ではキャスターも板についてきてすっかり櫻井キャスターしちゃってますね 
キャスター就任は 『 いつかは報道にたずさわる仕事をしたいと思っていた。』 っていう翔くんの夢が叶ったと言ってもいいよね。そんなふうにこれからも、翔くんがやりたいと思っているお仕事が少しずつ出来るようになるといいですね。

それから翔くんは、今まで書いてきたこととは全く違ったイチメンも持ってるよね。知的で男前という仮面に隠れたビビリでへタレな(←ってどんなんだよ!?)部分のことだよー そんな翔くんだって大好きだよ 
ZEROでスーツ着てキャスターしていたすぐ後に、宿題くんでチクビ開きTシャツを着て『今日のイチメンです!』 ってやっちゃう翔ちゃん最高 

これからも色んな翔くんを見せてください。
お誕生日、本当におめでとう 

ノミネート発表!

こちらは朝の5時半過ぎです。
たった今、第79回アカデミー賞のノミネートが発表されました!

硫黄島からの手紙が作品賞にノミネート

それからクリントが父親たち~ではなくて、硫黄島のほうで監督賞にノミネートされてた

それと硫黄島からの手紙は脚本賞にも選ばれてた Original screenplayだから脚本賞でいいんだよな、多分。

ニノの助演男優賞ノミネートはなかったね。でもこれだけノミネートされて、やっぱり凄い作品なんだなぁって改めて思った。
ゴールデングローブ賞の時は外国語映画賞でのノミネート&受賞だったけど、今回は作品賞。いちばん大きな賞にノミネートされちゃったね!スゴっ!!

硫黄島関係以外では、菊池凛子さんが助演女優賞にノミネートされてた。そちらも注目。

で、アカデミー賞の授賞式は来月、2月25日。(日本時間だと26日の朝10時~だと思います)

●追記●
 音響効果賞にもノミネートでしたね
 来月が待ち遠しいのと同時にドキドキする~O(≧∇≦)O

どうなることやら

只今こちらは1月22日の夜です。
明日はいよいよアカデミー賞のノミネートが発表になる。
しかもここの時間で朝の5時半から...早すぎるっつーの!!
アメリカは国内でも時差があるから仕方ないか。

関係ないけど今24(ドラマの)を見てる
アメリカでは先週からシーズン6が始まったばかり。もう毎週ハラハラしながら見てる。これも見終わった時に疲れるドラマのひとつだよ。
ちなみに花男2もそのひとつです(笑)

24見終わったらすぐ寝なきゃ
明日は早起きしなくちゃいけないからね~。
硫黄島はなんとなくノミネートされるような気がするけど、ニノは個人としてノミネートされちゃうんだろうか?可能性は低そうな気がするけど、もしそうなったら凄すぎるよね。

マンガのほうもやっぱりいいね

今日は本屋に行ったけど、結局何にも雑誌は買わずに帰ってきた。
雑誌は買わなかったんだけど、花より男子のマンガ30巻~36巻までを買っちゃった♪

私がまだ学生だった時に友達の影響で花男を知った。私も好きになってマンガも1巻から多分10何巻まで持っていた。でもいつの頃からか買わなくなっちゃって、当時持ってたマンガも今じゃ行方不明...つーかもう持ってない。それが、長い年月を経て再び買うことになるとは思ってもいなかったよ(笑)

花男2が始まってから毎週ああいうイライラする展開が続いてるでしょ。なんとなくハッピーエンドにはなるんだったよね?とは思っていてもめっちゃじれったくて、あー結末知りてー(≧ヘ≦) とか思ったから買っちゃった(笑)なんか早く安心したかったっていうかね。
7冊一気読みしちゃいました 
マンガの終わり方をそのままドラマに持ってくるとは限らないし、違った展開もあるだろうから、まだ気ぃ抜けないけどね。

ちょっと大きめで20巻で終わりの完全版と普通のとどっちを買おうか迷ったけど、昔買ってた懐かしさから普通のほうにしちゃった。
今日は30~36巻を買ったから、今度から毎月何冊かずつ1巻まで逆戻りする形で集めていこうと思ってます。

それにしてもマンガのほうもさすが面白いね。1人で声まで出して笑うところとかいくつかあって、私は完全に怪しい人だったと思う それとは逆にウルっときそうになるところもあったし。
マンガの道明寺も大好きだよ あのクルクルパーマが濡れた時の髪型って、花男2での潤くんの髪型みたいじゃない?ドラマの真っ最中だからかもしれないけど、時々マンガの道明寺が潤くん道明寺に重なる時があったよ。思わず鉛筆でマンガの道明寺の眉毛を太く濃く書いてみようかと思っちゃった 原作だと眉毛すっごく細いからね。

リターンズではこないだの第3話から、西門さんと優紀ちゃんの恋もどうなんのよ?って思わせる展開だったけど、その辺りはマンガでもあったから、ドラマで見るのが楽しみ!更ちゃん出てきてたよねぇ...

ドラマでは今後どういう事が起こってどう展開していくのかが楽しみだ~ o(>▽<)o
 

いろんな潤くん

明日は久々に本屋に行く予定。
本当は今日行きたかったのに、出かけていたダンナが予定の時間より遅く帰ってきたから行けなかった ( ̄∩ ̄#
その分明日はひとりで出かけさせてもらって、本屋でゆっくり雑誌チェックをして来ようっと。子供たちの面倒よろしくね~(^-^)ノ゙ってカンジです(笑)

それでもTVガイドとBARFOUTはすでに見たんだ。
それぞれ全く違った潤くんだけど、もちろんどっちも素敵 潤くんって本当に色々な自分を表現できて、それがまたどれもピッタリとはまるんだな,これが! 

BARFOUTの潤くんはモデルさんですなー。
なんといってもあの横顔(斜め顔?)のワンショットの写真(←ここ少し強調ね ) が素敵 長ーいまつげの1本1本とか、手首辺りの毛や毛穴のカンジとか、眉毛の生え際とか...細かい所までをじーっと見てしまう(笑) 
なんか毛の話ばっかりになってるね(*^▽^*) 

TVガイドは打って変わって柔らかい表情の潤くん 
キメキメでかっこいい潤くんより、私はこっちの潤くんのほうが好きかも。 真央ちゃんと一緒のほうが奈々ちゃんと一緒より好きだし
真央ちゃんが潤くんの腕をそっとつかんでる写真がすごくかわいくて、微笑ましくて好きです。二人ともすごく自然に笑ってるよね。

そういえば僕妹が公開になったんだった。雑誌やテレビは見れても、映画だけはやっぱりここにいては見れないから、私はDVDになるまで辛抱して待つしかない。仕方ないからナビゲートDVD&フォトブックでも見て我慢することにしよう( -.-) =з 

花男2 ~第3話~

今週も見どころがありすぎだったね~,切なかったね~。
じれったい2人にイライラしたり、もうなんでそうなんだよー!ヘ(。≧O≦)ノ とか思うところがたくさんあったりで、ドラマ見終わった後なんか疲れるんだよね(笑)
疲れるだけじゃなくて、しばらくの間ボーっと放心状態みたいになっちゃう。ドラマでのシーンを思い出したり、道明寺のことを考えたり、潤くんのことを考えたり、また道明寺のことを考えたり、そして結局は潤くんのことを考えたりして。見るのにかなり体力と精神力が必要なドラマ?!だと思います(笑)

なんだか今週は、道明寺のつくしへの本当の想いが垣間見れて嬉しかった。先週までは突き放す態度のほうが目立ってちょっと怖かったっていうか、そこまで言わなくていいじゃんよー (T_T) ってつくし目線で思うことのほうが多かったから。でも今週の私は完全に道明寺の味方だったよ。だってきちんと話をしようっていう姿勢を見せてるのに、つくしったら聞く耳持たないし、話し合おうとしないで勝手にどんどん話しちゃって、あげくには 『バイバイ...』 だなんてさぁ。
あのシーンで 『牧野...俺...』って言った時の潤くんの表情がたまらなく切なかった。それなのにつくしったらー!! 私あまりにも入り込みすぎてて、画面に向かって 『 聞いてあげてよ~お願いだから 』ってつくしに話しかけちゃったよ 

つくしが言った 『バイバイ』 も切なかったね。 あの短い言葉の中に全ての想いが凝縮されてるかのようなバイバイだったよ。追いかけてきた類が走ってたことにちょっとビックリした私。なんか走るイメージってないでしょ?類は。類のつくしへの想いも大きくなってきてるんだろうね。来週の予告ではキスしてたしー!!!

見どころがありすぎて、いちいち書いてたらきりがないほどだけど、やっぱり今週も潤くんの切ない表情や声や目の演技にやられっぱなしでした。滋との屋上のシーンでの目のウルウルとか、クッキーのシーンとか、そしてなんと言っても全力疾走のシーン! どこをとっても素敵すぎて、ますます惚れちゃったよ (*ノェノ)  このドラマで潤くんを好きになる人がまたまた増えること間違いなしだね、きっと。

来週の予告編までもが見どころ満載だったね。ドラマ自体もだけど、私は特に最後に道明寺が走るシーンから予告編までのリピが止まりません。

見終わった後、たまらなくなってソファーの上で 『うわー(≧д≦)』って言いながら手足をバタバタさせていたら、子供たちに笑いながら真似されたよ(笑)

来週まで待てないよー!花男中毒の症状は日々増すばかりです...

トリプルA

なんだか硫黄島からの手紙のことばかり書いてたけど、ゴールデングローブ賞があった日に写真集も我が家に無事到着してたんだった。
最近はだいたいアマゾンで頼んでるんだけど、仕事が早いねぇ~。発送された日から3日ぐらいでアメリカまで届くんだよ!送料が安いエコノミーのほうを選んでるっていうのにさ。こんなんだったら送料がちょっと高いエクスプレス便のほうを選ぶ必要ないよ絶対。

日本だと1500円以上だと送料無料ってのが多いでしょ?それはいいよねぇ。羨ましいっす。三省堂サンディエゴ店でCDや書籍を取り寄せてもらうと手数料とか送料とかは無料なんだけど、手に入るまで2,3週間かかる。だから私は今回の写真集のように、できるだけ早く見たい物とかはアマゾンで注文している。送料は高いけど、その分早く手にはいるんだもん  

アマゾンだと商品が発送された後ってその配送状況をオンラインでチェックできるシステムになってるでしょ。発送メールが来た後はいつも、今どこまで来た?今どこにあるんだ?って気になって、ちょこちょこチェックしている私。日本を出た後は に乗って、まずロサンゼルスに行くらしい。見たら、何時何分に税関を通過しました...とか書いてあって、それでいつもそこからなぜかエアフォースのベースに行くんだよねぇ...なぜに空軍基地に?あれは謎です。そしてそこからうちの地域まで配達される。海を渡って私のところにやって来たARASHI AROUND ASIA、待ってたぜぃ!!

まずこの写真集の作りが好き。普通のハードカバーの本みたいな作りが。でもこれ、表面が布っぽいのだからすごく汚れそう。カバーでもかけたほうがいいかなぁ?何回も何回も見ているうちに手あかが付いて黒っぽくなっちゃいそう(←汚いね) いっそ見る時は手袋でもはめるか?! 高級な物を扱う時にするような白手袋を(笑)

この分厚さには大満足!もちろん内容もね♪
カメラに向かってキメキメな姿や、キラキラなアイドルスマイルを振りまいてる写真も好きだけど、オフショットや自然な表情が見れる写真はもっと好き そんな写真が満載のこの写真集は本当に嬉しい。毎日見まくっててヤバいです  

大好きな写真ばかりなんだけど、いくつか挙げると...

 台湾でのページで、楽屋で黄色と黒のジャージを着ているカメラ目線のニノの写真。ページ数がついてないからわかりにくいけど...(ドライヤーで髪をやってもらってる潤くんが鏡ごしに写ってる写真の隣のページです。) このニノったらめっちゃ男前じゃない?
すごく大人っぽく見えて (って大人だけどさぁ ) ちょっとドキドキしちゃう 

 韓国での写真で、潤くんが何かの本を読んでいるやつ。
真剣な表情がめちゃかっこいい 

 韓国(光州ワールドカップスタジアム)で翔くんが撮った写真に写ってるニノ。スタジアムの客席に大ちゃんと相葉ちゃんと3人で座ってるやつ。あのニノの可愛さったらなんなのー((o(>▽<)o)) 反則です! 

あーっ!他にもたくさん大好きな写真があるけど、書ききれないよ~。つーか書くのめんどくさくなってきた(笑)
しばらくは写真集を眺める毎日が続きそうです。

残念ながら

クリント・イーストウッドは監督賞を惜しくも逃してしまったみたいです。
でも、硫黄島からの手紙が外国語映画賞を受賞したことはすごく嬉しい。
このゴールデングローブ賞は今までの批評家による賞よりも大きな物だから余計に嬉しいです。こうなると次に控えているアカデミー賞のノミネートへの期待も高まるよ。

とりあえず硫黄島関係の受賞発表は終わったから、これで一息つけるぞ
C=(^◇^ ;

リアルタイムよりは少し遅れてだけど、この後テレビでゴールデングローブ賞の放送が始まるから、今度はそっちを見てクリントの受賞の時の様子やスピーチなんかを見てきます。
会場には謙さんも奥様同伴で来てるみたいだし。

ゴールデングローブ賞

今日(アメリカ時間1月15日)はゴールデングローブ賞の授賞式の日。

硫黄島からの手紙は外国語映画部門でノミネートされている。それとクリント・イーストウッドが父親達の星条旗と硫黄島からの手紙の両方で監督賞にノミネートされている。それらの賞はまだ発表になっていないんだけど、受賞結果が分かり次第ここに書きます。

それとは別に注目だった菊池凛子さん、BABELで助演女優賞にノミネートされていたけど、残念ながら受賞は逃してしまったみたい。

硫黄島が受賞することを祈りながら結果を待ち続けます!では。

見てきました。

硫黄島からの手紙を見てきました。
1月12日からアメリカでの公開が拡大されたとは言っても、私がネットで調べたら、サンディエゴでこの映画を上映している映画館は一ケ所しかなかった。初めて行く映画館だったんだけど、着いてみてビックリ。サンディエゴにもこんな映画館があったんだぁ...ってカンジ。
と言うのは、モールに入っているような何種類も映画をやっているような大きな所(シネコンって言うのかな?)じゃなくてインディペンデンス映画や外国語映画を主に上映しているような小さな映画館だったから。アメリカにもこんな上品な映画館があるんだなぁって思って(笑)
客層もなんとなく映画通そうな人たちだった。気のせいかな?でもそういう映画館にわざわざ足を運んで映画を見にくるんだもん、きっとそうなんじゃないかなぁ。日本人らしき人たちはホント数名しかいなかった。そしてお客さんの年齢層は高めだった。

映画を見にいく前に予告編は何回も見たことがあって、見るたびにほぼ毎回涙していたから映画を見たら顔がグチャグチャになるぐらい号泣してしまうんじゃないかって思ってたけど、意外と冷静に見ることができた。もちろん涙がこぼれたシーンはいくつかあったけど。

映画を見終わったすぐ後にはあまり感想みたいなものが出てこなかった。1日経った今日の方が “あんなシーンあったなぁ...” とか、映画のことが頭に浮かんできた。

頭で思っていることや心で感じたことを上手く言葉にして表現するのは難しいんだけど、とりあえず感想っていうか、思ったことを以下ツラツラと書いていきたいと思います。

letters from iwo jima

ドキドキしています

いよいよ明日、こっちの時間で日曜の夜に硫黄島からの手紙を見に行ってきます。ずーっと見たくて心待ちにしていたのに、いざ見れるとなったら緊張してきた(笑)
映画館に映画を見に行くのに緊張するなんておかしいか...
でも本当にドキドキしてるの。クリント・イーストウッド監督の “ハリウッド映画” にニノが出演したっていうことは事実だけど、映画自体は全編日本語だからなんとなくその凄さを忘れてしまう部分があったりした。でも、ここアメリカの地で大スクリーンを通してニノの演技を見れるんだって思うと改めてその凄さを実感して、それがドキドキする原因なんじゃないかと自己分析してるよ。

さっき改めてNewsWeekに載った硫黄島~の特集の記事を読み返したり、映画のHPで予告編を見たりしてました。
予告編は久々に見たけど、あれだけで泣ける...
日本で公開されたのはもう1ヶ月以上前だし、話題作ということもあって実際自分が見にいく前から映画に関する色々な情報が私の中にはすでにあるけど、見終わったときに私はどんなふうに感じるのかなぁって自分でも楽しみ。

花男2 ~第2話~

なんか第1話をこないだ見たと思ったらもう第2話って、なんか1週間過ぎるのがすごく早く感じた。第1話をリピってたからそう感じたのかな?

今回もツボは色々あるけど、やっぱり外せないのは滋に耳をかじられた所!あの何とも言えないビックリしたような表情が可愛すぎるっつーの ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ 

それにしても滋のキャラもすごいね。まさに第2話のタイトル “最強のライバル”ってカンジ。
F4ラウンジで食べ過ぎておなか痛めた時に 『うこしてくる!』 って言ってたのがおっかしくて声出して笑っちゃったよ
確かにつくしのライバルではあるんだけど、憎めない人なんだよねぇ。

同じくF4ラウンジで鉢合わせした司とつくしがNYでの話(つくしが滋と司がNYで会ったと勘違いしてる話)をしてた時は、説明しようとする司の話を聞かないつくしもハッキリと言い切らない司も見ていてイライラしたよ 

今週は道明寺のおバカ発言が久々に聞けて嬉しかった♪
“品”発言ね(笑) あとの3人に向かってバカじゃねぇのってカンジで “品” の話をする時のちょっと笑いが混ざったような喋り方がめちゃくちゃかわいい 
なんかドラマの展開上シリアスな場面が多いから、こういう道明寺が見れるとすごくホッとする。

司とつくしが電話で話した場面はまた切なかったなぁ。今週もまた泣いちゃったよ 
潤くんの表情や声が切なすぎて...たまらなかったよ。
電話ではお互いあんなに素直になれるのに、なんで逢うとダメなんだよー! つくしはあのまま電話で気持ち伝えちゃえばよかったじゃん、そうすればあんなキスシーン見なくてすんだのにぃー!!! 

あのキスってもちろん滋がいきなりしたってことだよねぇ...それにしては道明寺は目なんてつぶっちゃってるしさーなんか微妙に顔も少し傾きぎみじゃなかった? ったく 

あんな終わり方して、来週どうなんだよー!
ダメだ...花男ワールドにどっぷり浸かっちゃってるよ(笑)

やっと見れるよ

今アメリカ(私の住む西海岸)は1月12日の昼過ぎです。
去年の12月20日からアメリカでも硫黄島からの手紙が公開されていたけど、それは限定された3つの都市だけでの公開だった。
それが今日1月12日から拡大公開になって、やっとこの辺りの映画館でも見れるようになった。ってことで今週末に映画館へ行ってくるつもり。

ずっと見たいと思っていて、待ちに待っていたこの映画...早く見たいんだけど、いざ見れるってなるとなんか凄くドキドキする。
そういえば来週の月曜日、15日はゴールデングローブ賞の授賞式があるんだった。硫黄島からの手紙も外国語映画賞にノミネートされてるんだよね。

嫌な奴です!?

今日からニノのドラマが始まるんだね。その番宣で朝からフジテレビに出まくってるようで...ブログ巡りをしていてその様子なんかを読ませてもらってました

話は変わって、週刊イマジンの潤くんすごいかっこよかった~ 
最近の潤くんのビジュアルはたまらないぐらいステキすぎて、何か(TVや雑誌)で潤くんを見るたびにこのブログで、ステキ~(≧∇≦)キャー♪とか、かっこいい~ っていちいち書きたくなっちゃう(笑) いちいち書かずにはいられないぐらいかっこいいんだもん...
ハートの絵文字の登場回数も増えるっつーの!

毛先を少し外にはねさせたような髪型もよかった。花男2以外のお仕事の時にはアレンジが効くっていうところも今回の道明寺ヘアの魅力じゃない?

これを見る前に予告みたいので潤くんが恋愛について語る...とかって聞いてたから、何なにナニ???って思ってたら結局は僕妹にちなんで “(兄妹での)禁断の恋はどうですか?” みたいな質問だったね。 潤くん即答でなし!!って答えてたけど、当たり前だっつーの。 

ジャニーズ入りの話やジャニーさんの存在をはじめて“この人だったんだー!!”って気づいた時の話もしてた。これは前にどっかで言ってたのと同じだった。

そして自分自身を分析すると?っていう質問には

『嫌な奴です。』
 ってこれまた即答してたね(笑) それを言ったときのイタズラっぽい微笑みがかわいかったな 
どの辺が嫌な奴なんですか?ってさらに聞かれたら 『素直じゃないから...』 だって (*^m^*) 
素直じゃないなんて、やっぱりまだ反抗期がずーっと続いちゃってるのね、潤くん?! 

嵐のメンバーはどんな風に潤くんを見てるのか?って質問には 『どんな風に見られてるんでしょうねぇ...あんまり会話しないんで、僕。』 この答えにインタビュアーさんは (゚ロ゚;)エェッ!? ってカンジで驚いたふうだった。そしたら潤くんが続けて、『二宮はゲームやってたりとか、大野くんは気がつくと5分ぐらい動かなくなる時があるし...』 だって(笑)
大ちゃん、5分ぐらい動かなくなるって一体あなたは何してるんですか?ヾ(≧▽≦)ノ そしてそんな大ちゃんに誰も声かけないしリアクションもしないって (* ̄m ̄)プッ 

最後には真剣に今年の抱負を語っている姿がステキでした
そんな自分のことを全然まじめじゃないですって言ってたけど、やっぱりまじめな人だと思うよ、潤くんは。 

花男2~第1話~

花男2見たよー  もうね、左の絵文字が表してるように、号泣だよー(T_T)
別に平気だって強がってるつくしが、椿姉さんに本当の気持ちをぶちまけるシーンなんてもぉぉぉう!! 子供たちに心配されないように涙ふきふきするのに大変だったよ。 

道明寺はNYまでせっかく来たつくしに冷たい態度で接してたけど、野球場で2人で話をするシーンで見せたあの表情は、本当の道明寺の気持ちを現しているようで、切なくてたまんなかったよ...

お互いに想いあっているはずなのに、簡単にくっつくことが出来ないなんて...切なすぎるよー  
事情があってあんなヒドク冷たい道明寺になっちゃってるのはわかってるけど、早く道明寺の明るい笑顔とおバカな発言しちゃってる姿を見たいよ~。 

最後はあんな終わり方だったし、来週が待ちきれない!!

それにしても潤くんが本当にかっこよかった 
途中にパート1からの映像がはいってくるシーンがあったけど、それと見比べると今の潤くんがどれだけ大人っぽく、男前になったかが一目瞭然だったね。潤くん、あなたは一体どこまでステキになっていくんですか... 

それから忘れちゃいけない主題歌、Love So Sweet  なんていい歌なんでしょう 
オープニングの歌の部分をもう何回もリピートしちゃってるよ。そしてもちろん頭の中で一日中Love so sweet が流れてるよ(笑) 気がつくと口ずさんじゃってるしね 


私の勘違い?

待ちに待ってた花男2がスタート!
私はまだ見れてませんが...
ドラマ始まったよなーって思ってHPを見にいったら色々アップされてて、その中のおぐジュアリー(小栗くんのコーナー)見ました?
あの地下鉄に乗ってる横顔の写真って潤くん?!って思ったんだけど、違うかなぁ?
そのコーナーのトップページに 今回は、特別に “おまけ” の写真もご紹介。 って書いてあって、でもそんなに特別な写真はなかったから、その潤くん?!って一瞬思った写真が “おまけ” なのかなぁ???って思ったんだけど。
それにその、今回は特別に...っていう文章のすぐ横に01って数字が書いてあって、そこをクリックすると6枚ある写真のうち4枚目のその地下鉄での写真のところにとぶんだよ。 どうなんだろう???潤くんっぽいんだけど...

凱旋コン@横浜アリーナもなんだかあっという間に終わっちゃったね。
今度は大阪、最後まで頑張れ~ 
行けるはずもない私は参戦された方々のブログ巡りをして、コンの様子やレポを楽しく読ませてもらってますm(__)m
それと凱旋コンの様子がながれたWSの映像を何度も見返して、頭の中で色々と想像しまくってます(笑)

 お願いだからDVDだけは絶対に発売してくれ~~    それだけは本当に切にお願いするよ 

今日は花男メンバーが王様のブランチに出演!
そういえば新司会の谷原さんは映画版の道明寺だったよね。新・旧道明寺が揃うなんて 谷原さんからそんな話は出たりするかな?それともちょっと隠しておきたい過去かな?だってあの映画、今見たらけっこう恥ずかしいと思うよ(笑) 
 


早く聴きたい♪

やっぱり凱旋コンで新曲披露があったみたいだね。私も早くフルで聴いてみたいぜぃ!振り付けもどんなんだか楽しみだし♪

そのLOVE SO SWEET の発売日が2月21日に決定~ しかも初回限定盤にはファイトソングが入るってー めっちゃ嬉しい!
通常盤の初回限定プレス分には封入特典ありってなってたけど、どんなのだろう? 私はファイトソングが入る初回限定のほうしか買わないつもりなんだけど(笑)、でもいざ発売ってなったら結局両方買っちゃいましたってパターンになってるかも だってジャケ写だってもちろん違うんだもんねぇ。まったくぅ!金使わせるねぇ... 

そうだ、さっき花男2の番外編を見たんだった。
道明寺様、相変わらずステキでした~ でも見ていてところどころで、ドラマの設定(キャラ)通すんだか何だかどうすんだよ!って突っ込みたくなるようなカンジだったんだけど(笑) 
クイズ出題で花男1の時の映像が流れてたけど、やっぱり道明寺は前に比べて数倍も男前度が増してるって改めて思ったよ。花男1からのシーンを久しぶりに見たけど、あれ見てたら本当に2が楽しみになってきたー!

罰ゲームで飲まされてた飲み物、こっちで売ってるのは知ってた。何かで前に見たことあったから。でも別に普通の飲み物で、ああいう激マズドリンクだってことは知らなかったよ。今度どっかの店で売ってたら、どんだけマズイか試しに買ってみようかな。でも絶対に全部飲めないだろうから、ただの金の無駄使いになっちゃうか。前に興味本位でジンギスカンキャラメルを買った時も吐きそうなぐらいまずくて結局捨てちゃったことがあったもんなぁ... 

凱旋コンスタート!

いよいよ今日は凱旋コン初日♪
あと数時間したらもう始まるんだよ~!! 別に自分が行くわけでもないのに、なんだかドキドキしています 
日本時間の5:00PM~ってことは、ここの時間で夜中の12時。ちょうど私がベットに入って寝るような時間に嵐のみんなは凱旋コンをスタートさせるんだね。なんかそんなこと考えたら今夜眠れなくなりそう(笑) 
きっと嵐は新年早々素晴らしいコンサートをするんだろうなぁ。見に行かれる方、思いっきり楽しんで来てくださいね!私は後日ブログ巡りでもして、その様子をおすそ分けしてもらいたいと思ってます。

そうだ、元旦に放送されたF4&つくしちゃん@チャンネルロックを見ました。あのクイズやってたやつ。またまたみんな仲良くて楽しそうだったね。残念ながら全問正解ならずで潤くんが好きだっていうラーメンを撮影中いつでも食べられる権はゲットならずだったけど。
潤くんは目玉焼きにケチャップをつけるんだね。スクランブルエッグにはいつもケチャップだけど、目玉焼きにケチャップは試したことないなぁ...今度やってみようかな 

クイズの後に長めの予告編が流れた時、バックで Love so sweet がかかってたよね。(今までより少し大きな音でかかってたような気がしたんだけど)
歌を聴こうと一生懸命耳をすませて、何回もリピートしちゃった。爽やかなラブソングってカンジだね。まだちゃんと全部聴いたわけじゃないけど、すでにいい曲~ ってメロメロになっちゃってます(笑) 早くCD出してくれないかな。

そうだ、そういえば凱旋コンで写真集が先行発売されるんだったね。
今日もう手に入れる人たちがいるのね~。私はこないだアマゾンで予約した。早く見たいよ~!

2007年も嵐と共に♪

まずはご挨拶から...

 明けましておめでとうございます  
今年もよろしくお願いします。

リアルタイムではなかったけど、カウコン見ました。
またまたピンクスーツで登場の嵐! あの色だけですごいけど、たまにチラリと見える裏地っていうの?ジャケットの内側。あれが表に負けない蛍光イエローってのもすごいよね(笑)
あれを着こなせるのは嵐だけだよ~...なんて  
でも目立つからどこにいるかすぐにわかっていいね。特にカウコンなんて他のグループもいて人数多いから。

きっと大丈夫の歌い始めに別のムービングステージにいた翔くんが、隣にいた長瀬くんに “いっちゃえよ~” みたいなカンジで挑発されて、ジャンプで他の4人がいるステージにジャンプしてたね。
きっと大丈夫の時、潤くんは比較的テレビに映ってたけど、ニノが画面からきれてて顔が写ってないことが多かったのがブー だったな 

そして謎に包まれていた、いのししセブン...(ま、風間くんも加わって実際にはいのししエイトだったけど)
猪突猛進パフォーマンスは一体どこへいってしまったんでしょう?結局あいさつだけで終わっちゃったよねぇ。なんかそのメンバーで一緒に何か歌ったりでもあるのかと勝手に想像してたのに残念。
でも潤くんとニノの羽織袴姿が見れただけでもよかったけど。
潤くんは本当に美しくて男前すぎてステキすぎて まったく潤くんには新年早々やられっぱなしです(笑) ニノの羽織袴姿はかわいかったね~ 太一くんに答える時もマイペースなニノ節ってカンジだったし、相変わらず高い声もかわいかった 

もう1曲はサクラ咲ケ。あれはやっぱり盛り上がるもんね♪
Love so sweet が聞けたらもっとよかったんだけど、花男2までもうちょっとだし我慢ガマン。
それより少しだけ早く凱旋コンで歌うのかな?やっぱり。
その凱旋コンもホントもうすぐじゃん!年明け早々嵐に逢いにいける人たちが羨ましい。

2007年の嵐は、グループとしても個々としてもきっと去年以上に大忙し&大活躍の年になるんだろうなぁ。
気を抜いてるうちに置いていかれないように、今年も嵐についていくぞー 



 
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。