FC2ブログ

2006年12月20日

アメリカでも

いよいよ今日アメリカでも硫黄島からの手紙が公開になります。そのことを考えるとなんだか緊張するよ~。(←私が緊張してどうすんだ!)
アメリカでは一体どんな反応があるかな?今からとっても気になります。

ハリウッド映画とはいえ、全編日本語で英語字幕だからねぇ。日本人は洋画を見る時に字幕を読むのに慣れてるけど、アメリカ人は字幕を読むのに慣れてないと思うんです。でもいくつか批評家たちの賞も受賞しているし、こないだゴールデングローブ賞にノミネートされたばかりだし、注目が高いことは確かだと思う。

アメリカでも少しでも多くの人たちにこの映画を見てもらいたいなぁ。
戦争映画ってやっぱり自国の視点から描かれたものばかりで、対戦している国は敵!っていうパターンのものが多いと思うのです。だからこの映画を見て敵,味方っていう考えだけじゃない、別の何かを感じとって欲しいっていうか...ってまだ本編を見ていない私が語ることじゃなかったですね 

アメリカでの公開が12月に繰り上げられた時は本当に嬉しくて、公開日に絶対に見に行ってやる!って意気込んでました。でもどうやらそれは無理みたいです この辺りの映画館で上映していればすぐにでも飛んで行って見るけど 12月20日からの公開は3都市(ロス、サンフランシスコ、ニューヨーク)限定ですからね。

それでもここから片道2時間ぐらいで行けるロスまで行こうと思ってました。でもそれも無理そう... 実は日曜日からダンナのお父さんがうちに遊びに来てるんです。しかも3週間近くもうちに滞在するし! それも多分行けそうもない理由のひとつ。

それでも密かに考えていた事があった。義父をロサンゼルス観光に連れて行こうっていう名目でロスまで行って、じゃあ映画まで見ちゃいましょう...みたいな計画 でもね、色々考えた結果それも無理そうです 

前にネットで読んだニュースで、12月20日にその3都市で公開になった後は1月12日にシカゴなど14都市で、そして1月26日にさらに15都市で順に公開されるって書いてありました。それがどこの都市だかってことは書いてなかったけど、私が住んでるサンディエゴはけっこう大きい都市だから、1月12日に公開になってくれないかなぁって期待しています。

遅かれ早かれ絶対に見に行くんだから、ただひたすらこの辺りで公開されるのを待つしかないですね。
スポンサーサイト